「水屋」はピンハネ? 存在意義はあるのか

「水屋」はピンハネ? 存在意義はあるのか

よくSNSや匿名掲示板サイトで「水屋はピンハネ、要らない」「水屋が運賃の水準を下げている」などの投稿を見ますよね。果たして、本当にそうなのでしょうか?このコラムでは、本当に水屋はピンハネなのか?、存在意義はあるのか?、その水屋は本物の仕事ができているのか?、どうしてピンハネだと言われるのか?、などについて、実例にそって詳しく説明していきます。

水屋とは

運送の水屋とは運送の水屋とは
①社寺で参詣人が口をすすぎ手を洗い清める所。
②茶室に付属する台所のような所。

冗談です。運送業界でいう水屋とは、貨物利用運送事業(第一種貨物利用運送事業)のことです。

“利用運送” とは
他者からの運送依頼に応じるため、自らが運送責任を負って運賃及び料金を収受し、他の実運送事業者を利用して行う貨物運送のことをいいます。

【参考】国土交通省:貨物利用運送事業について

車両を持たずに利用運送を専門に行う事業者を「専業水屋」と言う人たちがいます。また、車両を持ちながら利用運送も行う事業者のことを、水屋と呼んでいる人たちもいます。水屋の業務を始めるのに必要なのは、電話と配車係と利用運送の登録です。トラックやドライバーを集めて始める貨物運送業と比べると、費用を抑えられることから、水屋スタイルでの営業所出店も増えています。しかし、水屋をピンハネ扱いして文句を言う人たちが増えた理由は別のところにありそうです。

水屋はピンハネ?

よくSNSや匿名掲示板サイトでこんな投稿を見ますよね。

匿名さん

水屋がいるから運賃が下がる

匿名SUN

水屋はただのピンハネ、要らない

匿名サン

水屋はノーリスクでいいご身分ですね

こんな風に「ピンハネだ」扱いするのは、次のようなときだと考えられます。

・安い運賃を提示されたとき
・自社をないがしろにされたとき
・割に合わない仕事を言われたとき
・トラブルに対して無責任なとき

では、これらを踏まえて水屋の存在意義から詳しく説明していきます。

水屋の存在意義

新人くん

え?ピンハネって言われるような仕事なのに?

水屋にはきちんとした存在意義があります。例えば、すっごく暇で、どこに電話しても荷物がないときってありますよね。協力関係にある運送会社に頼んでも「ウチも荷物を探している」と言われるようなときです。そんなときに荷物情報をもっている水屋に助けられた経験はありませんか?つまり、それが水屋が存在する意義です。情報収集だけに特化した営業力で、運送会社の「困った」の役に立つのが水屋の仕事です。

運送の水屋とは運送の水屋とは

これだけでは納得がいかないでしょうから、次に水屋が運賃の水準を下げているか?という点についてお答えします。ズバリ、答えはノーです。いたるところで、多重下請け構造が運賃水準を下げているという記事を目にします。水屋が多重下請け構造を助長していて運賃を下げていると思っている人もいるようです。でも、これはちょっと違うと思います。例えば、どうしてもトラックが見つからないときがあったとします。すると、知り合いがトラックを持っていると教えてくれる取引先がでてきます。ワラにもすがる思いで詳細を聞くと、トラックを持っているのはさらにもう一つ先の取引先だということが分かります。でも何とかしなければならないので、それが多重下請けになると分かっていても、いくら支払えばトラックを貸してくれるのか聞いて、何とかトラックを借りるはずです。こういった業界によくある事例を考えれば、多重下請け構造は運送業界の助け合いが生んだとも考えられませんか?このような状況を知らない人たちが「多重下請けを規制すべきだ」なんて言ってますが、そんなことをしたら運べなくて困る荷主が増えるのに、と思います。ぶっちゃけ正直なところ、運賃水準が下がったのは運送会社たちが、生き残りをかけて、運賃で切磋琢磨してきたからだと思っています。だから誰かを悪者にして攻めれば良いというような問題ではないんだろうなぁと思っています。

運送会社は、自分たちでは探しきれないトラックや荷物を探すために水屋を利用しています。だから水屋は、知識と情報量で運送会社の課題を解決しなければなりません

でも、一部の水屋がピンハネと言われてしまっているのは、「誰でも運賃を知っている荷物」で利益を出そうとしているからです。インターネット求貨求車に掲載されている荷物は「誰でも運賃を知っている荷物」です。求貨求車ばかり見ていて楽している水屋の配車係が、掲載されている荷物でマッチングしようとしたら、ピンハネと言われても仕方ありません。もしあなたが水屋の配車係なら、あなただけの情報を手に入れるように一生懸命営業しましょう。

新人くん

そういえば、暇なときに一生懸命さがしてくれたのは水屋だった

楽して儲けることなんてできません。それは水屋も例外ではありません。良い荷物をもっている荷主(運送会社も含む)の信頼を勝ち取るために必死で営業しています。もし、周りに安い運賃で依頼してくる水屋や運送会社しかいない人は、とにかく営業して信頼できる協力業者を増やしましょう。きっと今、私たちは業者同士の信頼関係がかな〜り薄くなってしまった時代を生きています。だからこそ、逆に信頼できる仲間(協力業者)をたくさん持っていることが、今後を生き抜く上での最大の武器になるのかもしれません。

まとめ

水屋はピンハネと呼ばれやすいですが、必要とされている水屋はちゃんと存在しています。そんな水屋がピンハネかどうかよりも、今の私たちにとって重要なのは、しっかりと利益を出し、これからの時代を生き残ることです。否定するような意見を言うのは簡単ですが、それでは現状を変えることなんてできません。しっかり営業して、信頼できる仲間を増やしていきましょう!

お知らせ

配車業務にピッタリなチャットシステム「配車ステーション」のことをご存知ですか?オンライン求貨求車に慣れている人なら、誰でもすぐに使いこなすことができて、あなたが秘密にしておきたい情報を既存取引先だけに素早く効率的に伝えることができる優れものです。

配車ステーションの新規お申込みはこちら

配車係サン

お気軽にお試しください( ˆoˆ )

最後までお読みいただき、ありがとうございました!