上場している水屋から学ぶ|運送業において配車で成功する秘訣とは

上場している水屋に学ぶ 求貨求車と配車の関係

近年、求貨求車マッチングサービスは物流業界で一般的になっています。しかし、ここで注目すべきなのは、水屋事業を行う有名な上場企業がこのシステムを利用していないことです。一般的な考えと異なり、この企業はなぜこのような方針を取るのでしょうか?そこから我々の生き残る方法について考察していきたいと思います。

上場ってすごい?

上場とは

上場(IPO)とは、企業が株式市場に株式を公開し、一般投資家に株を販売することです。これにより、企業は公開株式を通じて資金を調達し、株主は株式を取得することで所有権を得ます。上場により企業は市場での株式売買を通じて、一般投資家から資金を調達することができるようになります。さらに上場を成功させると当然、企業の知名度や資金力は向上します。

IPOの成功率

IPOの成功率は市場の状況や企業の業績によって異なると言いますが、過去のデータによれば、成功するIPOの割合は約50〜70%程度であり、残りのIPOは時価総額の減少や市場での十分な関心を得られないなどの理由で失敗するようです。成功するIPOには、市場での需要が高く、企業のビジネスモデルや将来の成長性が投資家に魅力的に映るケースが多い傾向があります。このことからも上場を成功させる運送会社の偉業がどれだけ凄いのかお分かりいただけると思います。

大手上場企業の配車に学ぶ

自社の情報を秘密に

求貨求車マッチングを利用しなくても、彼らの水屋事業はなぜ売上を伸ばすことができるのでしょうか?実際に彼らは自社だけの情報だけで勝負しています。自社で集めた情報を広く公開することなく、自社の強みを維持しています。なぜなら、自社の情報を秘密にすることが、利益につながることを知っているからです。彼らは、お互いの期待や要求を理解し、効率的かつ信頼できる取引を築くことに重点をおき、安定した売上が確保できるようにしているのです。

情報の価値を知る

彼らは、公開された情報よりも、既存の信頼関係や自社だけの情報の価値を重視しています。彼らが取る戦略は、一見非効率なようにも見えるかもしれませんが、機密性の高い情報によって自社の独自性を維持することで、安定した成果を上げています。求貨求車マッチングが主流とされる中で、このようなアプローチを取り続けることで、彼らは単なる売上増加だけでなく、圧倒的多くの取引パートナーシップを構築し、長期的なビジネスの安定性をもたらしています。

実証実験

求貨求車がなくても

ある小規模の水屋が、一つの仮説を立て、それを試験的に実行しました。それは大手上場企業のように、求貨求車マッチングを利用しなくても、配車を円滑に行うことができるかもしれない、という仮説でした。求貨求車マッチングを利用することが当たり前になった業界で、これを解約することでどんな損失が出るのか恐れていましたが、そんな心配は要りませんでした。結論から言うと、求貨求車マッチングがなくても配車で売上はあがりました。

機密性の高い情報

さらに驚いたのは、求貨求車マッチングを使わなくなった月の売上と利益が、前年同月を上回ったという結果が出たことです。景気の影響などもあるため、これだけに起因するものだとは言えませんが、例年よりも取引先の協力が得られやすかったという体感的な感想もありました。実際に「求貨求車マッチングを解約する」と取引先に通知して回ったあと、荷物や空車の情報が増えたことからも、その水屋からしか得られない情報によせられている期待の大きさが分かります。

顧客関係の重要性

5:25の法則

顧客離れを5%改善すると、利益が25%回復するという5:25の法則。小規模の水屋の例はこれに当たります。求貨求車マッチングを使っていたときは、情報を掲載する分、取引先に伝える情報が減っていました。つまりこの分が、この水屋の顧客離れに当たります。求貨求車マッチングをやめることで、これが改善したわけだから、利益がその分回復した、というわけです。実際のところ25%も回復したのかは分かりませんが、前年同月を上回ったということからその効果が本物であるということが伺えます。

既存取引先

広く公開する求貨求車マッチングは、多くの同業者に情報を見てもらえるから、荷物も傭車も見つかりやすい。そんな風に思われてきました。しかし、実は、求貨求車は掲載した情報を見ている相手にこちらから接触することができません。つまり、どこからも連絡がこなければ荷物もトラックも見つからないのです。それに比べ、いつもの配車なら、こちらから取引先に電話して、相手の反応を確認しながら、交渉することができるので、既存取引先さえ大事にしていれば何とか荷物もトラックも見つけられます。求貨求車に頼りすぎてこんな大切なことを忘れてしまっていませんか?

まとめ

運送会社が生き残るために必要なのは既存取引先とその数です。そしてその取引先との信頼関係の深さ。これが他社との差を広げ、困難な時代を勝ち抜くためのサバイバル術になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。