上手なメモの取り方

上手なメモの取り方

メモを取ることはすべての業務に通ずる、社会人の基礎的なスキルです。業務を覚えるとき、上司から指示を受けたとき、クライアントとの会議を実施するときなど、役職や立場に関わらずあらゆるシーンで役立ちます。今回は、上手なメモの取り方をご紹介したいと思います。

メモをとるメリット

メモをとると、次のようなメリットがあります。
・情報が整理される
・業務の効率化
・アイデアが生まれる
・不安を取り除ける

メモをとるデメリット

メモをとると、次のようなデメリットがあります。
・時間を使う
・後で見返したときに字が読めない
・メモをすることに集中してしまう

上手なメモの取り方

大事なことだけ控えておく
相手が言ったことを一語一句書き出す必要はありません。メモをとるうえで必要なことは、要点とキーワードだけをメモすることです。
色分けする
メモを取ったうえで重要なことや、注意しなければならないことは色分けをしておきましょう。ただし色は4色以上あると分りずらくなってしまうので3色までにしましょう。
メモをとることに集中しすぎない
メモをとることに集中しすぎて、聞いた内容を理解していなければ本末転倒でしょう。

基本の形「5W1H」を意識する

5W1Hとは、ビジネスの基本に欠かせないコミュニケーションフレームワークです。これは、メモを取るときにも応用できます。

・だれが(Who)
・いつ (When)
・どこで(Where)
・なにを(What)
・なぜ (Why)
・どのように(How)

まとめ

今回は上手なメモの取り方をご紹介しました。紙とペンがあれば今すぐ実践できるので、ぜひやってみてください。

お知らせ

8月末まで配車ステーションが無料で使えます。ネットで申し込むだけで今すぐ使えるので、是非この機会にお試しください。※無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。

【無料】配車ステーションのお試しはこちら

配車係サン

この機会にぜひお試しください( ˆoˆ )

最後までお読みいただき、ありがとうございました!